1990~2014 秋山好恵ORIZINARU

ステンドグラスの起源を明確にする事は極めて難しく、その歴史をたどると古代ローマ時代にさかのぼり、6~7世紀には数々の動向が伺えますが、元をたどればステンドグラス以前に盛んだった、金・銀・七宝焼きの細工職人が用いた金のリボンが参考になり現在の鉛桟が用いられたのではないかと思われます。18世紀頃にはステンドグラスは不毛の時代を経て19世紀には見直されて復活の時代がやって来たようです。

ステンドグラスの伝統の浅い日本も愛好者を生み、新しい可能性の秘めた芸術の手段として、また一般建築の装飾美術品として評価を高めつつ今日に至る訳です。

制作者がガラスの小辺に込めて組み立てる工程は、手作りの品だけに制作時間は何時間にも及びます。しかし完成した作品に灯りをともし、宝石のように輝く作品に対面した時その喜びと感動はまたひとしおです。


秋山好恵.ORIZINARU 壁かけ・小物